« 「もしも原子」を学ぶ前の空気の想像図1 | メイン | 「もしも原子」を学ぶ前の空気の想像図2 »

2019年4月18日 (木)

三樹よ、逝くのが早すぎる。

Dsc_0398

今朝5時半くらいにスマホを見ると、

奥様からFBが。

「・・・夫の地元で偲ぶ会を開いていただくこととなり、

大学時代のお話をお伺いできればと思い・・・」

え?偲ぶ会?だれを?

その後、やりとりをして、わかったのは、

2月7日早朝に脳出血で亡くなったとのこと。

前日の寝る前まで普通の状態。

人間ドッグでも心配なく、

病気の兆候もない。

それなのに、翌朝、亡くなっていたと・・・・

あまりにも突然すぎて

涙も出ず、普通の生活をしていた。

学校で授業をして・・・

しかし、放課後、奥さんから電話をいただき、

事の詳細を聞いた途端、

涙が溢れてしまい、声も泣き声に。

やはり三樹のことを共有する方と話をすると

悲しみが襲ってくる。

8月6日に3人で飲んだときに見た三樹の姿が私にとっては最後だった。

あー、一緒に写れば良かった。

ふと、昔の写真を見つける。

1985年、ゼミの時の写真が見つかった。

ああー、私の上にのっている。

はは、何でもスバッと言ってくる三樹だったが、

気遣いもあるし、本当に良い友人だった。

一緒に麻雀したり、パチンコもしたことがあったんでは。

楽しい青春時代を過ごしたなぁ。

大学卒業後、お互いに音信不通だったが、

私が東京でセミナーに行くようになってから、また会えるようになってきた。

20年くらい毎年のように東京に行ったときは写真に写っている大学時代の友人と飲んでいたっけ。

最近は、三樹の行きつけの居酒屋に行くこともあり、

また行ってみたいなぁ―と思っていた。

今年もあと3ヶ月もすれば会えると思っていたのだが、

もう東京に行っても飲めないんだなぁ。

早すぎるよ。56歳、まだ定年にも達していないじゃないか。

いつも会う度に、「原口、運動した方がいいぞー」と言ってくれていたのに、

人一倍、運動していたのに、

なぜ、君が先に往くのだ!?

昔の写真を見て

涙ぐんでいます。

また、思い出して書こう。

今は、これだけが精一杯。

198501

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/230711/34176378

三樹よ、逝くのが早すぎる。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2022年8月

 
1
20220801_193220
2
20220802_221307
3
20220803_102718
4
20220804_094722
5
20220805_151448
6
Mirai02
7
0807001
8
20220804_205754
9
298213954_7698225460252077_83813752
10
20220810_162928
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     

アクセスランキング