« 鹿児島県地形模型展示の歴史2013年1月 | メイン | 鹿児島県地形模型展示の歴史2013年7月 »

2019年11月 8日 (金)

南岳19年ぶりに5000メートル超えの噴火

MBCニュースより

「8日の午後5時半前、桜島で爆発的噴火があり噴煙が、今年最高となる火口から5500メートルの高さまで上がりました。

気象台によりますと、8日午後5時24分、桜島の南岳山頂火口で噴火がありました。噴煙は、今年最高となる火口から5500メートルの高さまで上がり、大きな噴石が8合目に達しました。
火山灰は、火口から東の鹿屋市輝北方向に流され午後11時までに桜島では、多量の降灰が、鹿屋市と垂水市ではやや多量の降灰が、志布志市や指宿市、霧島市などで少量の降灰が予想されています。

桜島で、噴煙が火口から5000メートル以上まで上がったのは、2016年7月26日の昭和火口での噴火以来で、南岳山頂火口では、2000年10月7日以来です。
桜島では、火山ガスの1日あたりの放出量が多い状態で、山体膨張と考えられる地殻変動もみられることから、今後も活発な噴火活動が続く可能性があります。」

ということだが、

鹿児島市からも写真のように見えた。

黒神の友人が撮った写真は、白い山雷や

噴煙の上の方が鬼の顔のように見える。

黒神の方にこう見えるとは、何かを暗示しているのか。

なんだか怖いくらい。

うーん、これは、大正噴火からもうそろそろ100年を超えたことだし、

くるかなー。マグマの蓄積も相当だし。

学校からは、カラスとかの鳴き声が聞こえなくなったら危ないかなーという感じで見ている。

72926994_2071462569623051_642159585

74786706_3112791642128838_605895469

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/230711/34195197

南岳19年ぶりに5000メートル超えの噴火を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2020年5月

         
1
95795875_3672349192839744_448201280
2
Dvc00123
3
202005032100
4
Cimg1860
5
Cimg1863
6
Cimg9191
7
95673502_3694138650660798_529719936
8
Cimg1868
9
20200509
10
Dsc00694
11
97992943_3708230052584991_874229657
12
1300
13
Cimg1894
14
96857513_3719416351466361_754779168
15
97993992_3723878747686788_689701653
16
97928039_3728083193933010_811443251
17
Dsc_0015
18
Cimg4596
19
Dscn1737
20
98346795_3746475602093769_824149797
21
Dscn1749
22
99425104_3754080084666654_901216811
23
99110165_3757904484284214_132215632
24
98607452_3761868253887837_486275351
25
20200525
26
午後は天井を見る
27
Cimg8939
28
dsc_0047.JPG
29
30
31
           

アクセスランキング