« 土曜授業日です。 | メイン | FB、ありがとう。また、思い出させてくれて。 »

2021年4月11日 (日)

今日のニュースから

9日の夜遅くから

トカラ列島近海で小さな地震が相次ぎ、

11日朝の地震では悪石島で震度4を観測したそうだ。

一連の有感地震は140回を超え、

気象台は今後も数日間は繰り返し地震が発生するおそれがあるとしているとのこと。

今のところ、津波が起きることもなく

震度も4までだが、

このまま沈静化していくのか。

大きな地震の前触れなのか、

わからないところだ。

震源が浅かったら海底火山というのもあり得るが、

10キロ単位の深さなので、

地下で破壊が起きているのだろう。

ということは、海洋プレート型地震か。

うーん。テレビにはひっきりなしに地震速報が流れるし。

そして、もう一つ、今朝の南日本新聞だ。

南大隅町の町長選挙か。

福岡出身の田中彗氏が公約に掲げている

高レベル放射性廃棄物の地層処理場誘致か。

元衆議院秘書か。

国から特命を帯びているのかな。

南大隅町は、花崗岩質だから、

閉鎖中の瑞浪の研究施設の成果が生きるのか。

文献調査で20億円もらえて、

その後の概要調査で70億円の交付。

原発がらみは必ずお金がくっついてくる。

処理場誘致で雇用か。

建設はどうせ東京本社のゼネコン。

その孫請けくらいは回ってくる。

建設後の管理も埋めちゃうわけだから

人はそんなに必要は無いはず。

まあ、固定資産税が入るのか。

後は放射線が安心安全かというところが問題だな。

500メートルくらい下に埋めるのだから

しばらくは大丈夫だと思うが、

1万年という単位になると、どうだろう。

その間に数百メートルも隆起すると言うことは考えにくいが。

あとは地下水を通じて周りに漏れないかと言うことか。

幌延や瑞浪では四重のバリアということで学んできたが、

東日本大震災の一エフでは、5重に守られている放射生物質が

結局拡散してしまったし、世の中には絶対安心というモノはない。

安心と必要、どこで折り合いをつけていくかだな。

うーん。

地震と放射線、研究している分野だ。

今の中学生たちが大人になったときに

これらのことは切実な問題になってくるか。

南大隅町だけで無く、鹿児島県全体でも

原子力や放射線のことはよーーく勉強しないといけないのではないかな。

理科教師としても、しっかり教えていかなければ。

20210411

20210411_134721

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/230711/34228783

今日のニュースからを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2021年5月

           
1
179662843_5302599416481372_75420795
2
180240996_5310755535665760_36117484
3
180877592_5315643391843641_42663917
4
182070826_5320537831354197_71808332
5
Kayso012
6
182410848_5329184057156241_64475909
7
182737507_5335988023142511_32258597
8
183168847_5339961836078463_73504377
9
202105092
10
183360440_5349433141797999_89737898
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         

アクセスランキング